事務職・デスクワークの職種

この記事は、一般事務や営業事務、総務などの事務職の職種についての仕事内容などを解説した記事です。

MIRAISTEP
編集部
MIRAISTEP 編集部

事務職やデスクワークへの転職を考えているけど、具体的にどのような仕事内容か気になる方は多いと思います。今回は事務職・デスクワークの職種についてご紹介していきます!

事務職・デスクワークの職種の例

事務やデスクワークの職種といっても仕事内容は様々であり、また会社によっても若干内容は変わってきます。未経験からの事務職転職を考えている人も多いと思いますが、職種によっては難易度が変わります。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 人事(採用)事務
  • 総務事務
  • ITヘルプデスク
  • 労務事務

一般事務

  • データ入力
  • 資料作成、書類整理
  • 伝票処理・整理、経理サポート
  • 受発注業務のサポート
  • 事務処理サポート
  • 電話やメール対応

一般事務とは事務職の中でもっとも基本的な役割を担う役職です。特定の分野で仕事をするわけではないので、仕事内容は上記のように多岐にわたり会社によっては一般事務が営業や人事、経理等の仕事を補佐する場合もあります。

オフィス業務やパソコンスキルが基礎から身につくことやデスクワークが中心となり定時に退社しやすい、体力的に続けやすいなどのメリットもあります。今回ご紹介する中では未経験からチャレンジしやすい職種なのでとても人気のある職種です。

一般事務は人気ゆえに未経験はもちろんのこと経験者も転職活動に苦労するくらい応募が殺到している状況です。

営業事務

  • 各種入力業務
  • 受注・入金管理
  • 電話応対(社内外)
  • 来客対応
  • 請求書等営業事務代行
  • 営業資料作成

営業事務は事務作業のほかに営業職の社員のサポートも行う職種です。営業資料作成は会社のフォーマットがある場合もありますが、PowerPointも使えるとなおよいでしょう。また営業職では外出や会議が多く不在のことがあるので、取引先や顧客の電話対応や来客対応も必要となってくるほか、社内の社員とも連携しなければならないので幅広い対応力やコミュニケーション能力が求められます。

一般事務と同様に難易度は低いですが、会社によっては営業との連携が必要のため合う合わないもあります。また、営業サポートも近い仕事なので営業の代わりに顧客対応も多いです。

人事(採用)事務

  • 人事企画業務
  • 採用・雇用業務
  • 教育・育成業務
  • 書類選考(面接日程調整、面接対応、結果連絡)
  • 書類の作成や整理(内定通知書等)
  • 問い合わせ対応(電話・メール・WEB)
  • 資料作成(Excelデータ集計・管理)

人事(採用)事務は人材管理に関する幅広い領域を担う職種です。人材管理では採用計画の立案や書類選考、面接の調整や教育・育成業務もあるため作業の正確性や高いコミュニケーション能力、スケジュール管理能力を求められるのでマルチタスク対応ができたほうがよいでしょう。

人事(採用)事務では多様な仕事内容のため、幅広いスキルや知識が必要となってくるので難易度はやや高めです。また未経験からの場合は営業経験や人材業界での経験が必須と言っても良いかも知れません

総務事務

  • 来社・電話対応、資産・備品管理、文書作成
  • 人事や労務業務
  • 株主総会・取締役会の運営等
  • 社内設備の管理
  • 社内行事の運営・企画
  • 企業活動で発生する細かい対応

総務事務は企業全体に関わる幅広い仕事内容がある職種です。会社によっては専門的な知識を要するところもあったり、規模によって人事事務がない場合などは人事事務が担う労務管理も行う場合もあります。

かなり専門性が高い傾向があります。そのため上場企業の総務は必須条件として「上場企業の総務経験があり」と書いていることがあり未経験からは採用枠はほぼないですが、なれると専門性を身につけられます。

ITヘルプデスク

  • システム導入コンサル
  • システム障害、改善対応
  • 問い合わせ対応
  • 手順書作成
  • システム保守

ITヘルプデスクは自社サービスや商品の技術的な問い合わせ窓口で対応する職種です。自社の社員が直面しているシステムの問題の改善や新しいシステムが導入されればコンサルや手順書の作成から顧客のサポート窓口になって製品の問い合わせ対応も行います。業務内容に技術的な要素が含まれるため年収は高めです。

システムのサポートなのでその分野に興味を持てるかが重要です。システムは変化していくため勉強することも多いので必須ではないですが、ITパスポートの資格は取得しておくとよいでしょう。

労務事務

  • 給与計算
  • 雇用関係書類の作成
  • 社会保険対応
  • 年末調整
  • 労使協定対応
  • 従業員の衛生管理
  • 労務関連の規程管理(新規作成、改定対応)
  • 労働局対応
  • 労務トラブル対応

労務事務は、企業によって役割が異なることがありますが社員の労働環境を整える職種です。上記のように社員が実際に働く上で必要とされる快適な環境を整備するため、企業全体に関わります。また、労務管理では社会保険や労働保険の知識、税金の知識が必要になってくるので作業の正確さや迅速な対応が求められます。

労務事務は専門的知識も必要になってきます。応募条件には労務の実務経験〇年以上~と記載されていることが多く未経験からの転職は難易度が高いです。

まとめ

この記事の要点を以下にて簡単にまとめました。

  • 一般事務は事務職の中でもっとも基本的な役割を担う
  • 営業事務は事務作業に加え営業職の社員のサポートも行う
  • 人事(採用)事務は人材管理に関する幅広い領域を担う
  • 総務事務は企業全体に関わる幅広い仕事内容を行う
  • ITヘルプデスクは自社サービスや商品の技術的な問い合わせ窓口で対応を行う
  • 労務事務は社員の労働環境を整える役割を担う
MIRAISTEP
編集部
MIRAISTEP 編集部

仕事内容の要点は上記の通りです。事務職・デスクワークの職種全体での要点は以下になります。

  • スキルや経験によっては難易度が高くなる
  • 事務職でも専門的知識が必要になってくることがある
  • 会社によっては同じ職種でも仕事内容は変わることがある

いかがでしょうか。事務職やデスクワークでの転職を考えている人はスキルや経験によっても応募できる求人は限られてくるでしょう。ぜひ転職エージェントをうまく活用して実りのある転職活動にしましょう。

事務職に転職するならおすすめの転職エージェント

今の職場が土日祝日の休みが取りにくかったり、肉体的・体力的に負担が大きく転職を考えているならミラキャリへの相談がおすすめです!

ミラキャリならデスクワーク中心の求人が多く土日祝が休みの求人を紹介してもらえます!20代で事務職への転職を目指したい方はまずは無料相談を行っているので下記からぜひ相談してください!

無料Zoom相談はここから!