面接対策のポイントとは?【事務職転職】

この記事では、面接対策のポイントについてまとめた記事です。

MIRAISTEP
編集部
MIRAISTEP 編集部

面接でのポイントってどのようなものがあるのでしょうか?以下にてご紹介していきます!

面接対策のポイント
  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 短所
  • 転職理由
  • どのようなキャリアを築いていきたいか

自己紹介

自己紹介は長く話過ぎず簡潔に答えるようにします。目安は30秒~2分ほどです。自己紹介は面接での最初の印象を決める重要な事項なので適当にせずしっかりとポイントをしぼって面接官に伝えましょう。この時自己PRと混同しないように気を付けてください。また、相手に伝わりやすいように笑顔でハキハキと話すように意識しましょう。

自己紹介で面接官が見ていることは、書類だけではわからない求職者の表情や雰囲気、面接官とのコミュニケーション能力、簡潔にまとめる能力です。

自己PR

自己紹介と混同しないように注意しましょう。前職や現職での実務におけるエピソードを踏まえてのアピールポイントを伝えることや応募している職種にあった強み、内容とするのを心がけましょう。
  

志望動機

「なぜこの職種なのか」「なぜこの会社なのか」その会社だからこその内容を加えましょう。志望理由として「なぜうちを志望していますか」と突っ込んだ志望理由も聞かれることもあるためです。そしてその会社で自分が貢献できることを最後に付け加えるとより説得力のあるものになります。

成長したい、挑戦したいなどの会社任せな理由はおすすめしません。まずは自分がどのように会社に貢献できるかをアピールしましょう。

短所

ストレートに言い過ぎて、面接官の人にマイナスな印象を持たれないようにする言い方が重要です。マイナスイメージの強いものは言い方を工夫しポジティブな言い回しに変えたり、改善できたというエピソードをセットで伝えるのがよいでしょう。短所を改善するための具体的なエピソードがあれば仕事での向上心や成長意欲があるとプラスの印象になります。

短所はどうしてもネガティブな言葉になりがちですが、前向きな表現にしたり努力や工夫で短所がカバーできることを伝えましょう

転職理由

  • 前職・現職の悪口や愚痴だけにならないようにする
  • 共感してもらえる言い回しにする
  • 残業時間が明らかに多いなどは具体的な数字を伝える

面接は愚痴や悪口を言う場ではありません。前職や現職の悪口・愚痴ばかりだと自分の評価を下げることになります。ネガティブな言い回しは避け共感してもらえるよう言い回しもポジティブに変えましょう。残業時間が明らかに多すぎたりする場合は具体的な数字をセットで伝えたほうがよいです。ただ「残業が多く大変だった」は具体性がなく正確に伝わりにくいです。

転職理由は面接官に理解、共感してもらえる内容かどうかが重要です。

どのようなキャリアを築いていきたいか

面接官は求職者がしっかりと将来を見据えたうえで応募しているかの判断材料になります。企業のホームページや求人票を見て一般的なキャリアプランや先輩のキャリアを踏まえて伝えると効果的です。今後のキャリアプランを伝えることで企業側も入社後のイメージがしやすくなります。

具体的にキャリアプランがあるほうが仕事も意欲的に取り組む姿勢があり入社後にミスマッチが起こりにくそうという印象になります。

まとめ

上記でご紹介した面接対策のポイントの要点を簡単にまとめます。

  • 自己紹介は1分ほどで簡潔にまとめる
  • 自己PRは職種に合った強みをアピール
  • 志望動機は「なぜこの会社なのか」を明確にする
  • 短所は前向きな表現や言い回しを工夫する
  • 転職理由は共感してもらえる内容にする
  • キャリアプランは具体的に伝える

面接対策でのポイントは多くあります。企業ごとに内容は様々ですが、頻出の部分でのポイントを抑えておけば、自信をもって面接にも臨めるでしょう。

一人で考えるのが難しい方や面接対策に不安がある方は転職エージェントを活用しましょう。自分では気づけなかったことや自分なりにブラッシュアップすることでより良いものができ、応用することもできるでしょう。

事務職に転職するならおすすめの転職エージェント

今の職場が土日祝日の休みが取りにくかったり、肉体的・体力的に負担が大きく転職を考えているならミラキャリへの相談がおすすめです!

ミラキャリならデスクワーク中心の求人が多く土日祝が休みの求人を紹介してもらえます!20代で事務職への転職を目指したい方はまずは無料相談を行っているので下記からぜひ相談してください!

無料Zoom相談はここから!